美容整形で美ボディGET|脂肪吸引ですらっと美人に大変身

医者

美容外科の痩身術

脚

リバウンドしない

脂肪吸引は痩身や部分やせができる美容整形手術のひとつです。脂肪が気になる部分に細い管を通し、脂肪を吸引して除去する方法で行われます。痩せたい部分を集中的にサイズダウンできるので、二重あご、二の腕、ヒップ、太ももなどの贅肉を取って、メリハリのあるスタイルを作れます。また、頑固な太もものセルライト脂肪も除去できます。普通のダイエットの場合、成功しても油断すると以前の体重よりも増加してしまうリスクがあります。しかし、脂肪吸引では脂肪細胞ごと除去するので、元の体重に戻る心配は不要です。また、一度の手術で大量の減量できるので、好きな食べ物を我慢したり、苦手な運動をしたりするダイエットから開放されます。脂肪吸引は急激に痩せる手術のため、体への負担が大きくなります。理想のスタイルを作るためには、術後のメンテナンスをしっかりする必要があります。リスクとしては、脂肪を落とした部分がでこぼこのしこりになったり、あまった皮がたるんでしまうことがあります。そのようなことを裂けるために、術後しばらくは患部にサポーターやガードルを巻き、適度にマッサージをしたり、ラジオ波や高周波によるアフターケアを受けることが大切です。

痛くないベイザー波

昔から痩身術といえば脂肪吸引というほど、脂肪吸引は美容業界ではとてもオーソドックスな美容整形です。大手美容外科ならどこでも受けられますが、医師の美的センスやスキルが仕上がり具合を左右する、とても難易度が高い手術に分類されます。部位ごとに細い管を何本も使い分けて、丁寧に脂肪を取っていく必要があるため、熟練の技術が必要です。しかし、最近では医師の技量にそれほど左右されない、「ベイザー波」を併用して行う脂肪吸引が普及しつつあります。脂肪を落としたい部分にベイザー波を照射すると、脂肪細胞と血管や神経などの周辺組織が分離されて、脂肪を吸引しやすくなります。そうすると周りの組織を傷つけずに脂肪細胞のみを綺麗に取り除けます。痛み、出血、腫れなどのダウンタイムが最小限で脂肪を除去できる手術です。また、ベイザー脂肪吸引では、皮膚をタイトニングしながら脂肪を吸引するので、皮膚がたるんでしまうリスクを回避できます。アフターケアも従来の脂肪吸引よりも比較的簡単です。ベイザー脂肪吸引は普通の脂肪吸引よりも手術代金が少し割高になりますが、ダウンタイムが短く、医師のスキルに関係なく失敗するリスクも少ないため人気があります。